本文へリンク

ニュースリリース 2017

2017/12/27

Nitto ATPファイナルズ応援のお礼とチャリティプログラム実施のご報告

日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)は、11月12日(日)~19日(日)に渡って開催されたATPワールドツアーのシーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」のタイトルスポンサーとして、初年度の協賛を無事終えることができました。
大会期間中には、多くのお客さまや社員が応援に駆けつけるとともに、11月12日(日)~13日(月)の2日間には、イギリスを代表する小児病院Great Ormond Street Hospital、及び小児ガン患者支援団体Clic Sargentより、難病と闘う子供たちとご家族、ケアスタッフなど57名をNitto ATPファイナルズへご招待し、世界のトップを競うテニスの試合を観戦いただきました。
この取組みは、「チャレンジする人を応援します」というコンセプトのもとで行っている協賛活動の一環として、「優勝を目指してチャレンジしている選手を間近で見ていただき、笑顔になるお手伝いをしたい」という思いで実施しました。難病と闘う子供たちやそのご家族に普段得られない体験をしていただくことを目的として、ゆったりと試合を観戦できる席をご用意し、駆けつけた出場選手からは子供たちを激励していただきました。また、子供たちにはNittoグループ特製グッズを含むスペシャルギフトをお持ち帰りいただきました。
病院内とは違う環境での体験に子供たちの表情は常に笑顔であふれていました。参加者からは、「輝くような時間を過ごすことができた」「なかなか家族全員で出かけられなかったが、思い出に残る幸せな一日だった」といった喜びのコメントをいただきました。
今年は、タイトルスポンサーとしての初年度となりましたが、多くの方々のご協力をいただきながら、その大役を果たすことができました。創業100周年を迎える2018年には、この活動を更に進化させ、グローバルでのNittoブランド浸透を図るとともに、新しいイノベーション創出に繋げていくことを目指します。

Nitto ATPファイナルズ協賛についてのニュースリリースはこちら

Great Ormond Street Hospital(GOSH)についてはこちら

CLIC Sargentについてはこちら

Nitto ATPファイナルズについて

「Nitto ATP ファイナルズ」は、男子プロテニスシーズンのクライマックスを飾るイベントとして、世界のシングルスならびにダブルスから選抜されたベスト8が進出し、シーズンの最終タイトルを競う大会です。選手らは、誰もが望む、世界最大のインドアテニストーナメント出場8枠を巡り、シーズンを通してエミレーツATPランキングポイント獲得を競い合います。大会は、各選手それぞれ3試合を戦うラウンドロビン方式で行われ、準決勝以降はノックアウト方式で実施されます。本大会は世界屈指の都市にてこれまで開催されてきた歴史ある大会であり、第1回は1970年の東京大会に遡ります。2000年以降はリスボン、シドニー、上海にて開催。2009年に、ロンドンに開催地を移し、2020年までロンドンでの開催が決定しています。
Nittoは、「Nitto ATPファイナルズ」がNittoの事業成長に寄与する効果を最大化するべく、重要なブランド戦略の一つとして、協賛活動を起点に様々な取り組みを進めてまいります。 詳細は、大会公式サイト、 またはNitto 特設サイトでご確認ください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

日東電工株式会社 広報部
TEL:06-7632-2101
FAX:06-7632-2568
ご注意
こちらで掲載されている情報は発表日現在の情報です。他のメディアなどで御覧になった情報と内容が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る